脳梗塞について

脳梗塞とは、 脳を栄養する動脈の閉塞or狭窄のため、脳虚血をきたし、脳組織が酸素or栄養不足のため壊死or壊死に近い状態になることをいいます。 また、それによる症候群も脳梗塞と呼ばれることがあります。 そのなかでも、片麻痺、意識障害、失語など症状が激烈で突然発症したものは他の原因によるものもふくめ、 一般に脳卒中と呼ばれます。 それに対し、緩やかに進行して認知症になる場合もあります。 日本人の死亡原因の中でも多くを締めている疾患であり、 後遺症を残して介護が必要になることが多く福祉の面でも大きな課題となっております。 当院でも、脳梗塞の後遺症によりしびれや麻痺などがある方に鍼やマッサージで治療を行っております。 お気軽にご相談、お問い合わせください! ご質問だけでもかまいません! 電話:03-6903-3781 オンライン申込:https://www.karada-kitaku.com/book-online

0回の閲覧