変形性膝関節症



本日は、変形性膝関節症について、お話したい思います。

聞いたことはあるけど、実際どのような病気なのか、わからない方も多いのではないでしょうか?


変形性膝関節症の原因として、


筋力低下、加齢、肥満


などがございます。


これにより、膝関節の機能が低下し、膝軟骨などのかみ合わせが緩んだり、変形や断裂を起こし、


関節がスムーズに動けるように潤滑液の働きをする、骨のつなぎ目となる関節液と呼ばれるものが、過剰にたまってしまうことで痛みを伴う病気です。


そのことから、行動範囲が狭まり、うつや認知症などの性心疾患も誘発することがあります。


この疾患は生活習慣が起因する場合が多く、適度な運動、食生活の見直し、減量などが効果的です。


同時に筋力維持をすることにより、膝への負担を減らせますし、また、それだけでも病気にかかりにくい身体にもなります。


歩行や運動が困難な方でも、当院ではお家に訪問し、マッサージや鍼、お灸で筋力維持などを行っています。


初回は無料です!お気軽にお問い合わせください。


電話:03-6903-3781

オンライン申込:https://www.karada-kitaku.com/book-online

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関節リウマチ

関節リウマチとは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病(こうげんびょう:身の複数の臓器に炎症が起こり、臓器の機能障害をもたらす一連の疾患群のこと)の1つで、炎症性自己免疫疾患であり、 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともあります。 発症の原因はまだ未解明ですが、生活習慣と遺伝的要因や感染症などによる

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、脊椎にある脊柱管という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患です。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状ですが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もあります。 特徴として、歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するという間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状がみられます。 また、会陰部の感覚に異常

自律神経失調症について!

自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経です。 この病気は実際にはうつ病、パニック障害、過敏性腸症候群、頚性神経筋症候群や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、 原疾患が特定できない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもあります